ホーム | 日系社会ニュース | 丹下セツ子太鼓道場発表会=助六太鼓の妙を披露=「再来年は盛大にやる」

丹下セツ子太鼓道場発表会=助六太鼓の妙を披露=「再来年は盛大にやる」

ニッケイ新聞 2012年11月13日付け

 日本三大太鼓の一つ、「助六太鼓」を実践する丹下セツ子太鼓道場(アルミル・カジハラ代表)の発表会が4日午後、聖市の宮城県人会館で行われ、約250人の聴衆でいっぱいになった。当日は、東京文京区にある助六太鼓で8年間も修業し、2週間前に帰伯したばかりの小林翼さんが正式に紹介され、来場者の2割を伯人が占めて新しい客層に人気が浸透していることが伺われるなど、2年後の丹下さん来伯50周年記念に向けて会場は終始熱気に包まれていた。

 軽妙な司会で場を和ませるのは、同道場が創立した34年前から参加している最古参メンバー浜崎芳一さん(よしかず、45、二世)だ。挨拶に立った丹下セツ子さんは「これは、お客様に見せるためのショーではありません。家族などの関係者に見てもらう内輪の発表会です。みんなが一生懸命練習してきた成果をみてやってください」と呼びかけた。
 ブラジル太鼓界で最も古い同道場は、別の流派が中心になってここ10年で急成長して来た伯国太鼓協会に入っていない関係もあり、生徒に場数を踏ませる場として4年前から始めた。
 舞台上では6、7歳の子供から大人までが太鼓や日舞を披露し、親や知人が盛んに最前列でフラッシュを焚いた。「祝い」「未来」「荒波」など難曲が次々に披露されると、大きな拍手が送られた。なかでも「2段打ち」は演奏者が二人組になり、グルグルと場所を入れ替わりながら太鼓を打つ場面が見所で、まるで踊っているような優雅さが特徴だ。普段の厳しい練習の成果が伺われる発表となった。
 同道場の支部である、創立8年の勢至丸太鼓(マリンガー)からも5人が馳せ参じ、力強い演奏を披露した。加えてマリアウバ太鼓チームが最近、勢至丸太鼓に指導を依頼にきたことから、丹下道場にまた一つ支部が増えることになるとの発表もあり、会場を盛り上げた。
 最後は丹下道場、勢至丸の全員が出場して終幕の舞台を飾り、司会から「来年の道場設立35周年ですが、再来年が丹下先生来伯50周年なのでその時に一緒に盛大に祝うことになりました。ぜひこれからも観に来てください」と呼びかけて締めくくった。
 娘と孫が出演した馬場清さん(76、長崎)=サントス在住=は「最高でした」と繰り返して嬉しそうな表情を浮べ、甥に当る馬場武彦さん(56、長崎)=同=も「去年よりだいぶ上手くなった」と肯いた。
 丹下道場では毎週土曜午後1時から7時まで練習している。連絡先はカジハラさん(11・99713・5617)、勢至丸太鼓はクラオカさん(44・8826・1496)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。聖州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦ながら菊 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]