ホーム | 日系社会ニュース | 歩こう友の会=サントス旧街道下り2月16日=歴史と自然を愛でながら歩く

歩こう友の会=サントス旧街道下り2月16日=歴史と自然を愛でながら歩く

 「リベルダーデ歩こう友の会」(高木ラウル会長)は、サントス旧街道を下る遠足を2月16日(日)に行う。参加申込み要。先着順。

 サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市リアショ・グランデからクバトン市までサントス旧街道約9キロを歩いて下る。

 鉄道ができる以前、サントス港からサンパウロ市までを結ぶ旧街道は、馬やロバで行き来するしかなかった。今回は、サントス海岸を見下ろす風光明媚な景色が楽しめる海岸山脈部分の街道をゆっくりと歩いて下る。紫色の花を咲かせるクアレズメイラとのコントラストも楽しめる。

 ガイドが同行して、ポルトガル語による案内もあり、旧街道の歴史なども聞ける。

 午前7時半にサンパウロ市のリベルダーデ広場を出発予定。時間厳守。雨天決行。参加費は会員が130レアル、非会員が140レ。移動費と旧街道の通行料が含まれている。昼食代は自己負担。帰着は夕方頃の予定。

 参加申込みの際は氏名と電話番号、身分証明書番号を伝えること。申込みと問合わせは小笠原絹子さん(11・3209・8521)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ