ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■「助六太鼓を広めたい」

■ひとマチ点描■「助六太鼓を広めたい」

ニッケイ新聞 2012年11月13日付け

 東京の助六太鼓で8年間も修業し、2週間前に帰伯したばかりの小林翼さん(28、福岡)は、「日本では毎日4、5時間練習して、基本を習い、教える許可をもらってきた。これからはこっちで広めていきたい」と意気込む。
 父の仕事の関係で当地に移住し、16歳から丹下セツ子道場で太鼓を習っていた。20歳の時に一念発起して東京まで修業に行った。「これからは、こっちでプロとして生活していきたい」。
 そんな夫の頼もしい姿を横で見ながら、10月15日に東京で結婚式を挙げ、まったく知らない新天地ブラジルに来たばかりの新妻・麻紀さん(28、東京)は微笑んでいた。(深)

写真=麻紀さんと翼さん

image_print

こちらの記事もどうぞ