ホーム | 日系社会ニュース | 飯星氏が正議員へ復帰=「有権者の意識に感謝」

飯星氏が正議員へ復帰=「有権者の意識に感謝」

ニッケイ新聞 2012年11月20日付け

 実質約10カ月の間、補欠下議だった飯星ワルテル氏(PSD)が、このほど空席ができて下議に繰り上がった。
 飯星氏は2010年の選挙では10万4400票を獲得し、昨年2月から正下議として議員活動を行っていたが、今年の1月から補欠となり、空席を待っていた。
 繰上げが決まった同下議は「止まっていた仕事を再開できることが嬉しい。仲間の支援や有権者の意識に感謝したい」とコメントしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ