ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年11月23日付け

 11月5日、サンパウロ発マイアミ行きのアメリカン航空の飛行機で、伯人乗客の1人が乗務員と乱闘を起こし、御用となった。この男性はファーストクラスに無理やり乗ろうとしたところを抑えられ、乗務員に噛み付こうとするなど暴力的な犯行を行なった。同男性は現在、マイアミの刑務所で裁判を待っている。米国が伯国人に対して渡航ビザの発行を免除するにはこういう人が出ないことが不可欠か。
     ◎
 FIFAが22日に発表した「世界年間ベスト・ディフェンダー」で、現セレソン(代表)レギュラーのダニエル・アウヴェス、チアゴ・シウヴァ、ダヴィド・ルイス、マルセロの4人全員が、20人の候補の中に選ばれた。他に4人選ばれた国はないことから、伯国セレソンのディフェンダーが世界的に高い評価を受けていることがわかった。あとは、油断したときに見せる失点を防ぐことと、なかなか決まらない正ゴールキーパーを固定することか。
     ◎
 ユーモア溢れる文体と風刺で、エスタード紙をはじめ多くの新聞や雑誌の記事で有名な伯国きってのコラムニスト、ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモがポルト・アレグレの病院に緊急入院。呼吸器がないと息が出来ないほどの重体に陥っている。22日現在、病因は不明。同氏の父エンリコも、20世紀の伯国文学を代表する小説家だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ