ホーム | 日系社会ニュース | 美味しいニジマス弁当も=カンポスあじさい祭り=12月1、2日

美味しいニジマス弁当も=カンポスあじさい祭り=12月1、2日

ニッケイ新聞 2012年11月27日付け

 援協傘下の福祉施設「カンポスさくらホーム」とさくらクラブが共催し、『第12回あじさい祭り』を12月1、2の両日、同ホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina)で開催する。入場無料。
 初日は午前10時から。二日目は午前10時半からで、正午から式典がある。
 同地名物・約3千本のあじさいが見ごろを迎える。同市の公式行事でもあり、昨年は2日で約4千人が来場した。
 盆踊り、ジャズ・クラシックダンス、和太鼓、健康体操など終日様々な催しが行われるほか、1日は日本の作詞家、もず唱平さんと弟子の高橋樺子さんのショーも。
 案内のため来社した坂和三郎援協副会長、原マリコ同ホーム長、辻雄三同ホーム運営委員会委員長は「ここにしかない美味しいニジマス弁当は毎年好評。出来るだけ多くの方に来て頂きたい」と呼びかけた。
 送迎バスは2日の午前6時半、援協前(Rua Fagundes, 121, Liberdade)から出発する。帰路は午後4時ホーム発。料金は会員が70レアル、一般が75レ。
 バスの申し込みは援協(11・3274・6482/ダイアナ)、問い合わせは同ホーム(同・3662・2911/クリスチーナ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ