ホーム | 日系社会ニュース | 移民文庫の改訂増強版2=サイト上で公開を開始

移民文庫の改訂増強版2=サイト上で公開を開始

ニッケイ新聞 2012年12月4日付け

 ブラジル日本移民に関する基本的な文献から写真集まで約160点を収録した「ブラジル移民文庫」の改定増強版2が完成し、すでにサイト(www.brasiliminbunko.com.br)で公開されている。移民百周年記念事業の一環として08年に初公開されたが、誤字脱字などがあったため、この4年間修正作業を続けてきた。
 同サイトには日本移民100年間の集大成ともいえる文献がPDF版の形で、無料で置かれている。中には『移民40年史』(香山六郎、1949年)、『移民80年史』(同編纂委員会、91年)、『物故者列伝』(移民50年祭委員会、58年)からアマゾン地方の記念誌、平野植民地、バストス記念誌など貴重なものが多い。
 同文庫の会代表の醍醐麻沙夫さんは「以前から指摘を頂いていた誤字脱字がほとんどなくなりました。これをもって完成版とします。安心してご利用下さい」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 大耳小耳2017年5月26日 大耳小耳  サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日までサンパウロ市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場2013年12月24日 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場 ニッケイ新聞 2013年12月24日 写真=ソウザ氏(中央)とその左が妻の竹田恵子アリッセさん […]