ホーム | 日系社会ニュース | 原宿ファッション知って!=パ大通りで40人がアピール

原宿ファッション知って!=パ大通りで40人がアピール

ニッケイ新聞 2012年12月21日付け

 当地のロリータ・ファッションリーダーで知られる松田明美さんが16日の午後、原宿ファッション愛好家を集めて『原宿ファッションウォーク・イン・サンパウロ』をサンパウロ市パウリスタ通りで開催した。
 原宿ファッションを当地に広め、新たな日本文化の情報交換と親睦を深めることなどが目的。
 「色々な人がいるから文化発信に最適。クリスマスのデコレーションも記念撮影にぴったり」と同通りを選んだ。松田さんを先頭に、各自好みのスタイルで決めた40人以上の若者らが行進すると、道行く人々らは振り返り、写真を撮ったり声をかけたりと注目していた。
 松田さんは「日本の1回目を超える人数が集まって、本当に嬉しい」と喜び、「これは色気三昧のブラジルを可愛くする、『カワイイ革命』の一つのステップ。日本にも、ブラジルはアマゾンだけではないと知らせたい」と意気込みを語った。
 同イベントは、原宿を盛り上げ自由なファッションを発信するという目的で、今回共催団体となった「原宿ファッションウォーク実行委員会」が2010年に始めたもの。松田さんは、当地では3カ月に1回のペースで開催したいとしている。
 一行はその後、ショッピングでお茶会による親睦会を開き、解散した。

image_print

こちらの記事もどうぞ