ホーム | 日系社会ニュース | 藤間流『踊り初めの会』=芳之丞さんも復帰、13日

藤間流『踊り初めの会』=芳之丞さんも復帰、13日

ニッケイ新聞 2013年1月3日付け

 藤間流日本舞踊学校、藤之会の共催で「第52回新春日本舞踊」「第5回藤之会」をかねた『踊り初めの会』が1月13日午後1時から聖市文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)である。入場料35レアル。
 第1部は普通科(初級)、第2部は専攻科(上級)の生徒らが「鼓の舞」「四季の寿」「恋の名残月」など舞踊小曲、長唄小曲、長唄、団舞などを披露する。名取や指導者クラスによる第3部「祝賀の色彩り」では、体調を崩し舞台を休んでいた藤間芳之丞さんも復帰。最後は約20人が総出演でフィナーレを飾る。
 非日系人が多いという体験教室の第1期講習生も出演するほか、稽古に皆勤した生徒や功労者、協力者への表彰もある。入場先着120人には、製菓会社パンコやカステラ等提供による景品をプレゼント。食器セット、ヘアドライヤー、電気スタンド、商品券が当たる抽選も行われる。
 案内のため来社した藤間芳翁さんら共催団体関係者は「一生懸命がんばってきた1年間の成果を披露するので、多くの方に見に来て頂きたい」と呼びかけた。
 入場券購入は同校(11・3207・5525)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ