ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月4日付け

 6面に掲載中の『暁に向かって』(伊那宏著)に関して様々な反応があり、OB筋からは「パ紙が円売りに関係していたような話を載せるなど愛社精神が薄い」とのお叱りも受けた。新聞社は単なる民間企業だが「紙面は公器であるべき」と編集部では考えている。「新聞社関係だから、この件は永遠に闇に葬られるだろう」との言葉をそのままにしてはおけない▼伊那さんの一文掲載の最初に断り書きした通り、これはあくまで「推論」であり、断定する内容ではない。しかも編集部的には同意しかねる内容もあることも断り書きした▼それでも掲載したのは、編集部の意図とはまったく別の次元で、読者や後世の研究者にとっては、勝ち負け抗争の本質を見極める上での意義深い〃判断材料〃が含まれている可能性があると考えたからだ▼特に何度もコロニア有名人や企業名が出てくるのには躊躇した。昨年の本紙創刊15周年プレ特集の座談会でも、パ紙大先輩・水野昌之さんの言葉として明記した通り、「彼らの人格からしたら円売りなんぞに関わるようなことはありえない」との意見が強いし、その価値観がコロニア史観の基調だと併記しておく▼あえて掲載することで、推論にあるような〃陰謀〃に弊紙が関わって「言論を押し殺している」訳でないことは分かってもらえたと思う。たとえ考え方は違っていても互いに意義が認められる議論はあるし、多様な推論を掲載して、読者に豊富な〃判断材料〃を提供することこそが大事だと考えた▼かつて『経済報知』など色々な新聞があり、特色ある考え方を披露していた。今は邦字紙が「公器」として多様性の受け皿になる時代なのだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 「眞子さま」という癒し2018年7月25日 「眞子さま」という癒し  「眞子さまのお言葉は僕らに癒しを与えてくれた。ブラジルに暮らしている僕らのことを、日本の人たちは忘れていないんだと思わせてくれた」。21日、県連日本祭りで110周年記念式典が終った直後、なにげなく参加者の声を会場で集めていたとき、小西ジューリオ武雄さん(60、二世)か […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]