ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》生活態度や思考で要介護リスクを減らすには

《記者コラム》生活態度や思考で要介護リスクを減らすには

「笑う門には福来る」には深い意味があった?!

「笑う門には福来る」には深い意味があった?!

 新型コロナウイルスの感染拡大で、急を要さない検査や手術を延期したりキャンセルしたりした医療機関が多く、感染拡大が減速したら手術数が急増するだろうとの記事が8月24日付エスタード紙に掲載された。
 コラム子も手術が延期された一人だ。でも、7月初めに手術を受ける事が出来、動きたくても動けない人や、動けるのにうつなどで動かない人達が様々な形で介護を受けている姿を病院で見た。
 ある程度の年齢の人やその家族にとっては、要介護となるか否かは切実な話だ。骨粗しょう症や脳血管障害など、要介護になりやすい病気や事故、要介護状態となる要因なども気にかかる。
 「余り笑わない人の要介護リスクは日頃から笑う人の1・4倍」という話も聞き、要介護リスクについて調べた。すると、高齢者が車の運転を止めた場合、移動手段を失って運動量が減り、要介護となる可能性が運転を続けた人の倍になるという研究や、ポジティブ思考と要介護のリスクに関する研究がある事がわかった。
 後者には、要介護リスク者の傾向として、「自己をネガティブにとらえている」「社会関係が希薄で生活満足度やモラール、自尊感情が低い」とまとめられており、社会参加や生活満足度なども重要な要因だとあった。
 これらの話からは、病院で見た要介護者達や、大腿部骨折などで寝たきりになる例、引きこもりやうつで要介護となる例などが思い出された。コロナ禍による外出自粛やうつ増加も要注意だ。
 加齢や病気、事故などによる運動量低下は不可避かも知れないが、生活態度や思考のあり方はある程度コントロール出来る。
 パラ五輪を目指す選手が語るのを聞いて心に沁みた、「失ったものを数えない」との言葉が、ふと思い出された。 (み)
 
 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》商業界信頼感指数がコロナ前並に=緊急援助金減額に不安感も2020年9月26日 《ブラジル》商業界信頼感指数がコロナ前並に=緊急援助金減額に不安感も  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が24日、9月の商業界信頼感指数は5カ月連続で上昇して99・6ポイントとなり、新型コロナの感染拡大前の水準に戻ったと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  同指数は、外出自粛の段階的緩和が始まった5月以降、徐々に回復している。9 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボウソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボウソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快2020年9月26日 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快  2020年5月28日、ブラジル・サンパウロ州ミランドポリス市アリアンサ地区のユバ農場で暮らしていた「マサカツ」こと、矢崎正勝が天国へ旅立ったとの知らせを受けた。享年76歳。  1978年以来続けてきたぼくの〈ブラジル移民史〉調査は、ほとんどマサカツが資料を集め、助言 […]
  • 北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発2020年9月26日 北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発  「コロナ禍にも関わらず、各方面から50人もボランティアが集まりました。人は宝だと改めて感じさせられましたね」――ブラジル北海道文化福祉協会の大沼宣信会長(のりのぶ)(二世・72歳)は、そう嬉しそうに語った。既報の高知県人会や滋賀県人会のイベントに続き、北海道協会でも9 […]
  • 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定2020年9月25日 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定  ブラジル北部アマゾナス州マナウス市で行われた調査で、同市では既に新型コロナウイルスに対する集団免疫が出来ている可能性がある事を示唆する結果が出た。  注目の調査結果は21日にオンライン上で発表されたが、専門家などによる検証を受ける必要があり、科学雑誌にはまだ掲載され […]