ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月11日

 来聖することになったリオの知人がニッケイパラセホテルに予約のため電話。乳児もいるためベビーベッドを用意して欲しいと頼んだ。すると「壊れていますので…」という。宿泊は2週間先。直すか新たに購入できないのか聞いても「無理です」の一点張り。「4つ星ホテルの対応じゃないね」と怒り心頭の様子だった▼それを聞いたコラム氏は「なるほど流れ星か」と合点がいった。売ると決まった家に金をかけるバカはいない。創業者の上野アントニオ氏が一昨年に亡くなって以来の売却の噂。すでにホテル前のガレリアを買収した中国人との交渉が最終段階に来ていると小耳にはさみ、尖閣に先駆けてリベルダーデに王手がかかったと思っていた▼それだけに今回の買収劇の主役、池崎博文氏の英断には驚いた。マイリポランに城は建てても、リベルダーデに金はかけないとコロニア巷間でささやかれてきたからだ。1981年にオープンしたさい、パウリスタ新聞の取材に上野氏は「東洋街のレベルアップのため建設を決めた」と答えている。日系が追いやられているリベルダーデの現状を嘆く池崎氏がこの思いをどう受け継ぐか▼商売柄、物事を斜めに見る癖がついている。「ジャパンタワー建設を」とさんざんコロニアを騒がせ、結局はリベルダーデの土地を中国人に売り渡し大うっちゃりを食わせた天野鉄人氏(ピニャール在住)の例もある。池崎氏もコロニアきっての商売人、どうするのかが見ものだ。ただ「最後の仕事」と言い切っているだけに、世間の期待は裏切るまい。御年86歳。戦前移民の気概と底力を見せつけてほしいものだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると2018年4月3日 ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると  ドリアという男は野心家だとつくづく感じる。現サンパウロ市長のジョアン・ドリア氏(PSDB)のことだ。昨年末から日系社会代表と110周年事業に関する会議を行い、「市長と4回も会議をやって何の具体的な事業の提案もしてこないのか」と嘆き、「貴方たちはジャポネースじゃないみた […]
  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月13日  リベルダーデの「七夕祭り」のゴタゴタ騒ぎには—呆れ果てる。これまでに30数回も宮城県人会と仲良くやってきたのに何を今更の思いが胸奥に浮かぶ。飾り竹の代金がどうのこうのとかの子どものお遊びのようなつまらないことが捩れてしまっての「諍い」らしい […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日の聖市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに参加し、 […]
  • 年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布2018年12月22日 年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布  「紅白餅をもらうために、朝6時から並んで待っている人がいる。本当にありがたいことですよ」――『第48回餅つき祭り』を主催するリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は目を細める。文協、県連、援協、アリアンサとの共催。  紅白餅の入った2万袋は午前8時から、 […]