ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》サンパウロ州版ラヴァ・ジャット作戦始まるか

《ブラジル》サンパウロ州版ラヴァ・ジャット作戦始まるか

「サンパウロ州道路開発公社の元幹部が1億レアル受け取った」と告発する記事

「サンパウロ州道路開発公社の元幹部が1億レアル受け取った」と告発する記事

 サンパウロ州に大激震が走りそうだ。ジョゼ・セーラ元州知事が2月22日に外務大臣を突然辞任した理由は、公式には「健康上の問題」。辞任会見の映像を見ると、確かに目が虚ろになって心なしかフラフラしているように見えた。だが、エスタード紙5日付にとんでもない大疑惑が報道されたのを見て、「本当の理由はこれだったのか?」との憶測が頭をよぎった▼同エスタード記事によれば、この疑惑はラヴァ・ジャット作戦(LJ)で捕まっているアジル・アサジ容疑者が捜査陣に告白したもので、司法取引証言(デラソン・プレミアーダ)に認めてもらい、減刑をえようとしている。セーラ州知事時代(2007―10年)の州道路開発公社(Dersa)元幹部パウロ・ヴィエイラ・デ・ソウザ氏が「1億レアル」を受け取ったという疑惑だ。同幹部が仕切って、新マルジナル・チエテ、ロドアネル、ジャク・ペッセゴ街道などの工事費の1%を組織的に、サンパウロ州議会のPSDBと連立与党に収めさせていたとの疑惑だ

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ