ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月8日付け

 JICAの新理事長来伯記者会見では、「日系農家の後継者育成」「モザンビークの開発でアフリカの食糧問題に貢献」などの素晴らしい目標をぶち上げたものの、その方法について記者団から問われると「これから話し合って決める」という回答に終止した。予算の減少について指摘されると「事実だが、途中で事業を投げ出すことは決してない。個人的には安倍新内閣には予算の上乗せを期待している」とか。
     ◎
 10〜12日にイビウーナで行なわれた聖南西林間学校では、夜に肝試しもあり、教師が暗闇に隠れるだけでなく地元イビウーナの父母数名も参加したという。袈裟姿の本物のお坊さんや、隣町から特殊メイクのプロに来てもらい顔にメイクを施した人、さらに火を噴く人などもいたとか。すごい気合いの入りようだ。これも、イビウーナ日本語学校にかける保護者の思いの強さから?
     ◎
 昨年の大晦日はリオのコパカバーナ海岸で過ごした。夜に着き空港から向かったが、同海岸付近は年越しのイベントのため封鎖され、途中から徒歩。上半身裸で、大騒ぎしながら闊歩するに怯えつつホテルに無事到着。屋上でその恐怖を忘れるほど素晴らしい花火を鑑賞できた。翌日のニュースで、海岸付近にいた日本人が日本語で「おめでとうございます!」とマイクに向かって叫んでいたのを見て赤面。騒いでいたのは伯人だけではなかったよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年8月13日 大耳小耳  4日に開催された、藤瀬圭子プロダクション、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟共催の「花の歌謡祭」では、本紙の呼びかけで読者から楽曲のリクエストを募集、応募のあった中から約10曲を、コロニア歌手がステージで熱唱した。応募者から11人が当選、当日来場し、感謝状と記念品を受け取った。た […]