ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月8日付け

 JICAの新理事長来伯記者会見では、「日系農家の後継者育成」「モザンビークの開発でアフリカの食糧問題に貢献」などの素晴らしい目標をぶち上げたものの、その方法について記者団から問われると「これから話し合って決める」という回答に終止した。予算の減少について指摘されると「事実だが、途中で事業を投げ出すことは決してない。個人的には安倍新内閣には予算の上乗せを期待している」とか。
     ◎
 10〜12日にイビウーナで行なわれた聖南西林間学校では、夜に肝試しもあり、教師が暗闇に隠れるだけでなく地元イビウーナの父母数名も参加したという。袈裟姿の本物のお坊さんや、隣町から特殊メイクのプロに来てもらい顔にメイクを施した人、さらに火を噴く人などもいたとか。すごい気合いの入りようだ。これも、イビウーナ日本語学校にかける保護者の思いの強さから?
     ◎
 昨年の大晦日はリオのコパカバーナ海岸で過ごした。夜に着き空港から向かったが、同海岸付近は年越しのイベントのため封鎖され、途中から徒歩。上半身裸で、大騒ぎしながら闊歩するに怯えつつホテルに無事到着。屋上でその恐怖を忘れるほど素晴らしい花火を鑑賞できた。翌日のニュースで、海岸付近にいた日本人が日本語で「おめでとうございます!」とマイクに向かって叫んでいたのを見て赤面。騒いでいたのはブラジル人だけではなかったよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]