ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月11日付け

 本紙掲載の寄稿を受けて即座に行動を起こした「希望の家」「こどものその」の2団体。もちろん初期段階の対応の悪さは褒められたものではないが、素直に批判を受け入れ、反省と謝罪の意を示した。ちなみに「こどものその」に寄稿の内容を伝えたのは、希望の家の大野副理事長だとか。編集部の方針では、特定の団体を匿名で批判する文章は掲載しない。内容が内容だけに特例として載せたわけだが、良い結果になって喜ばしいかぎり。
     ◎
 国際交流基金(深野昭所長)が『まるごと日本語講座』の受講生を募集している。独自の教材を使った読み書きの基礎と、聞く・話すの活動が学習の柱。今月末〜2月初旬に3コースがスタートする。各コース週1回で全30〜40時間、場所は同基金もしくはアリアンサ日伯文化協会。関心のある方は同協会(11・3209・6630)もしくはサイト=fjsp.org.br/marugotoまで。
     ◎
 職業体験学習は、文部科学省によって定められたプログラムのため、サンパウロ日本人学校に限らず、日本の学習指導要領に基づいて運営される全国の中学校で実施されている。同校の桝本先生によれば、治安の悪さによる安全面の苦労は絶えないようだが、「日本ではなかなか行けない事業所が多い」という。本紙もその一つだとか。生徒らには若くして海外にいるメリットを存分に活かし、より良い人材として成長できるよう頑張ってしいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2018年5月4日 大耳小耳  日伯経済文化協会(在東京)が、公立校在籍のブラジル人小中学生を職業体験施設「キッザニア […]