ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月11日付け

 サッカーのリオネル・メッシ選手が4年連続で世界最優秀選手に選ばれる直前の日曜、最大のライバル、クリスチアノ・ロナウド(以下CR)選手の実録番組をグローボ局で放送していた。眩いスポットライトがメッシに集まった時、すぐ横の真っ暗闇で、同じ時代に生まれた不幸を呪った男だ▼同番組でCRがマデイラ島出身だと初めて知った。大西洋に浮かぶポルトガル領マデイラ島とアソーレス諸島からは17世紀以降、当地へ大量に渡ってきた。ポルトガル移民の大半を占めたのは同国北部か両島であり、共に農地が狭く貧困な地域だ▼寡黙なメッシとは対照的に、CRは目立ちたがり屋で気が強いのが特徴だが、辺境の島育ちという屈折感情の裏返しと思えば納得しやすい▼以前、ポルトガル大使館に勤務した外交官から、両島について「歴史的な交通の要衝で、沖縄みたいな存在ですよ」と聞いた。同番組でCRの母が同島人を「劣っていて、優れていて、そして異なっている」と複雑な表現で誇っていたのが印象的だった。小さな島だがその存在感は大きく、「沖縄」との共通点を感じる▼18世紀中頃に両島出身者が南伯に大量移住した先の一つがサンタカタリーナ島だった。以後2世紀に渡って当地でも孤立した島の生活を続けたため、現在もフロリアノポリスには島方言の片鱗が残っているとか▼そこはまさに1803年に、若狭丸の漂流者ら日本人4人がロシア船で来てブラジル初上陸した地だ。当時は大量移住からわずか半世紀で、独立前だからブラジル人意識すらなかった時代だ。今年はそれから210周年。CR同様、この初上陸にももっと陽が当てられていいのでは。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【記者コラム】外国人になった日本人の気持ち、終わりのない長い旅2020年5月5日 【記者コラム】外国人になった日本人の気持ち、終わりのない長い旅 成田国際空港の「おかえりなさい」見てホッとする心情  海外在住日本人、移住者にとっての日常生活は、終わりのない長い旅のようだ。普通の人はふるさとに戻ることで、旅が終わる。それは祖国のどこかだ。  ブラジルで生活を始めて25年以上経ったが、いまだにどこかを旅してい […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]