ホーム | 日系社会ニュース | ベラビスタ移住地60周年

ベラビスタ移住地60周年

ニッケイ新聞 2013年1月12日付け

 アマゾナス州に現存する最古の日本人移住地、ベラビスタ移住地が今年で入植60周年を迎える。
 マナウス市の対岸に位置する同移住地は、1953年の23家族の入植に始まり、計125家族742人が入植した。
 入植月の9月中旬に記念式典を予定しているほか、記念碑の建立も検討中。ベラビスタ自治会毎年恒例の運動会や盆踊りも、記念行事の一環として実施するという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ2018年9月27日 「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ  社会福祉法人「こどものその」(頃末アンドレ理事長)が1958年9月1日の同園の発足から60周年を迎え、先亡者追悼法要と創立60周年祝賀会を同施設で行った。日本から出席した学校法人大乗淑徳学園理事長、浄土宗大巌寺住職の長谷川匡俊師、淑徳大学総合福祉学部の米村美奈教授、社 […]
  • 創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で2018年12月22日 創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で  サンパウロ日伯援護教会(与儀昭雄会長)は「12月定例役員会」を20日、援協本部ビルで開催した。  冒頭、与儀会長は「今年は経済的に厳しい年だったが、病院も良い業績で終えることが出来た。19年も引き続き厳しい年となるが、良い年になるよう共に頑張りましょう」と挨拶した。 […]
  • 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及2017年8月30日 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及  ブラジル静岡県人会(原永門会長)は今年創立60周年を迎え、27日午前11時より同会館で記念式典を開催した。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席し、記念の節目を祝すと共に、技術実習生の受入れ枠を拡大の検討を約束し、今後より一層交流を深めていく姿勢を示した […]
  • 聖州が黄熱病危険地帯に=予防接種はAMAかUBSで=60歳以上は内科医の許可を2018年1月20日 聖州が黄熱病危険地帯に=予防接種はAMAかUBSで=60歳以上は内科医の許可を  60歳以上の人が黄熱病予防接種するときは内科医の許可が必要――WHO(世界健康保険)が16日、聖州全域を黄熱病感染危険地帯に指定したのを受け、当地のテレビでは予防接種のニュースで持ちきりだ。聖州政府は聖市・州内で黄熱病予防ワクチン接種のキャンペーンを1月26日~2月1 […]