ホーム | 日系社会ニュース | ACAL、新年踊り初め=舞踊部が日頃の成果披露

ACAL、新年踊り初め=舞踊部が日頃の成果披露

ニッケイ新聞 2013年1月15日付け

 ACAL舞踊部(池芝緑苑代表、生徒数約50人)は『新年踊り初め』を20日午後1時から、東洋会館(Av. Liberdade, 365)で開く。入場無料。
 同部から池芝代表、生徒の竹内昌子、蛯原栄子さん、ACALから浜崎マルセリーノ演芸部長と大瀧多喜夫スポーツ部長が案内のため来社した。
 踊り初めは今年で2回目。池芝緑家元の長唄「松の緑」で開幕し、個人、特別(舞台用)、和踊りの3クラスの生徒らが、長唄、大和楽、小曲、民謡、新民謡など全22曲に1年の練習の成果を注ぐ。池芝緑祐さんも友情出演、最後は全員による「花火音頭」でフィナーレを飾る。
 来社した池芝代表らは「めったにイベントに参加しない家元も特別出演する。是非多くの方に見に来て欲しい」と呼びかけた。
 問合せはACAL(11・3208・5090)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ