ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月16日付け

 日々の路上には、良く悪くもブラジルらしい光景が展開する。昨年のことだが、前かがみに腰を浮かして座ったラッパー風青年の絵が描かれた壁があり、毎朝その前を通って通勤していた。たいしたことのない、よくある落書だ▼だがある日、絵の腰部分の下に立派なウンコがしてあった。平面的な絵から〃立体〃が飛び出したかのような絶妙な位置関係で、おもわず「ある意味、芸術的かも」と妙に感服した。いくらセンスが絶妙であっても、そのまま美術館に飾るわけには行かない〃過激な作品〃だ▼その「路上の芸術」は時に雨で流されキレイになったかと思ったら、ある時、下痢ベンになっていたりして、おもわず「病気か」と密かに心配させた。でもある日、通りかかったら、市役所の職員に白ペンキでキレイに塗られてしまい、ただの壁に戻った▼ブリガデイロ街のある飲食店の入口には、ロテリア売りのおばさんが狭い立ち机の前にいる。髪の毛はボウボウで飾りっけのない、大声で卑語をしゃべる貧困階級的風情の中年女性だ。でも一昨年の正月、突然その立ち机の正面に「Presidenta」(女性大統領)と手書きされたのを発見したときは、思わず吹き出した。ジウマ大統領の演説台にみえないこともない。テレビのバラエティ番組は笑えないが、この種の庶民のお笑いセンスはどこか微笑ましい▼数年前、東洋街の道端に座って何かを食べている乞食女性がおり、通りがかりに好奇心で覗いたら、箸で器用にヤキソバを食べていて魂消た。世界広しといえど、乞食までハシを使うのは西洋文化圏ではここだけではないか——と妙な誇りを感じた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも2018年8月3日 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも  7月31日、エーリオ・ビクード弁護士が亡くなった。2016年のジウマ前大統領の罷免請求を作成した主要弁護士だ▼コラム子自身もそうだったが、あのジウマ氏の罷免はあくまで「腐敗権力の打破」であったことを望んでいる。キャンペーンで対抗馬に卑劣な言葉ばかりを吐き、選挙当初から […]