ホーム | コラム | 樹海 | 新しいものは基本があってこそ

新しいものは基本があってこそ

 NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のある文字や丸みのある文字など、ちょっと違う雰囲気の字体を書籍の題字などで見た事は何度もあるが、素人では気づかないほどの小さな変化の積み重ねが全体の印象を大きく変える事には疎かった。まして、ほんの僅かな違いを指摘され直しつつ、何カ月も明朝体を書き写すという地道な作業が、新しい字体を作るための基礎になっているとは思ってもいなかった▼だが、その番組を見ながら、カラオケの教師が、「うまくなりたかったら、まず、よく聴く事」と大会で話したという話を思い出した。目や耳を肥やし、僅かな違いにも気づくほど訓練する事が、新しい字体や新しい曲想を生み出す基本となるのだなと▼銀行員が本物の札に触れ続ける事で偽札を見分けられるようになるのも、一脈通じるものがありそうだ。小中学校の部活でもやるような基本練習抜きでプロになれるスポーツ選手はいないだろう。国際機関で働く事になった人が、英語をものにする方法として「中学校の教科書を徹底的に勉強しろ」と言われたという話を、中学生の時に聞いた事も思い出す▼ものを書くなら、良い文章に触れる事やどんな部分に手を入れられたかを見直す事などが上達への道。直された点を素直に受け入れる謙虚さと、それによりどう変わるかを冷静に分析する能力は、次のステップに進むための大事な課題だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力2020年6月11日 同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力  コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作っ […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 身近な人を失う怖さと悲しみ2020年6月4日 身近な人を失う怖さと悲しみ  1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。  2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で […]