ホーム | 日系社会ニュース | 京藤間流が新年舞初め=カンピーナスで27日

京藤間流が新年舞初め=カンピーナスで27日

ニッケイ新聞 2013年1月17日付け

 京藤間流(京藤間勘輝二代目家元)は27日正午から、カンピーナス日伯文化協会会館(Rua Camargo Paes, 118)で『京藤間流新年舞初め』を開催する。入場無料。
 最年少は8歳、最高齢は86歳までの約40人が1年間の練習の成果を披露する。名取をはじめ10年以上舞踊を嗜むメンバーが多く、実力の舞が楽しめそうだ。同市で剣道を教える非日系のルッカスさんも初出演する。
 曲目は「鶴の寿」「菊の宴」「新祇園小唄」など全46曲。カンピーナス門下生一同が「花笠月夜」でフィナーレを飾る。
 同文協婦人部手製の弁当やお菓子、飲み物等の販売もある。
 案内のため来社した京藤間勘悦子、勘美代、勘靖子会主らは「ショーの最後には、80歳以上の参加者に赤白緑3色のあんこ餅をプレゼントします。多くの方に見に来てほしい」と呼びかけた。
 なお、聖市在住の人は、勘悦子会主らのバンに同乗させてもらうことも可能。有料で、出発は朝7時頃。
 問い合わせ、バンの申し込みは勘悦子会主(11・3209・2137)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ