ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月22日付け

 皿にとったものは残さないというルールがある連邦直轄区のレストランで、14日に食べ物を残した客2人が翌日も来店した事に気づいた店主が文句を言った。口論の後出て行った客は2時間後に戻ってきて至近距離から3発連射。退職金で店を開けた店主はあえなく死亡した▼来る時はいつも誰かが一緒で、文句を言われた時も奥さん達と別の夫妻が同伴していたから、人前で面子を潰された腹いせもあったのだろう。犯行時は逃走用の車の運転者も含めた3人連れだったというが、最近はこの手の衝動的な犯罪が多い▼気が短い人は昔からいた訳だから、衝動的な犯罪多発は気の短さだけでは説明できない。ある本に、日本で〃切れる〃と表現する類の事件は、白米や白砂糖などの精白食品の害で脳がジャム化して起きると書かれていた。コロニアの医師が同様の話をしたのも聞いた事があるが、脳はジャム化しても食生活を改善すると正常化が可能とも▼ブラジル人は熱くなり易いというが、銃などの凶器が手に入る上に食生活の影響などが重なって起きる感情の爆発が衝動的な犯罪の原因だとしたら、食の見直しは急務かもしれない。好き嫌い言わずに食べる習慣を持つ子供はわがままになりにくく、与えられた仕事や役割も文句を言わずにこなすなどのメリットも生じるという▼決して気は長くないコラム子がこんな事を書くと、日頃見聞きする事と自己反省が結びついた証拠とも言われそうだ。衝動に駆られて何か事件を起こす前に「1から10まで数えてみよう」というキャンペーンもあった。怒りの言葉や行動が表出しないうちに、さあ、1、2、3…、と。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 公人としての良心と責任感2020年5月14日 公人としての良心と責任感  12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。  裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられ […]
  • 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も?2020年5月12日 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も? 造幣局が紙幣40%増産  先週読んだ記事の中で、一番ドキリとしたのはロイター通信8日付電子版「独占取材/ブラジル中央銀行は緊急支援支払いのために、紙幣の臨時増刷を発注」(https://br.reuters.com/article/topNews/idBRKBN2 […]
  • 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点2020年5月8日 「詰めが甘い」というモロ氏の弱点  「5日はブラジル政界にとって歴史に残る大スクープになるのでは」。そう期待していた人も少なくなかった。だが、結局、それは起こらなかった。  この日、2日に行われたセルジオ・モロ前法相の「ボウソナロ大統領が連警捜査に干渉した」疑惑についての供述内容が全編公開された。だが […]