ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月20日

 バイアの非営利団体「グルッポ・ゲイ・ダ・バイア」(GGB)が14日、伯国で昨年、自殺または殺害された同性愛者が310人に上ると発表した。28時間につき1人の同性愛者が殺されている計算で、しかも容疑者逮捕に至ったのはわずか3件という異常な数値に身震いした▼報告書には「連邦政府や各州政府が同性愛者のコミュニティー保護を十分に保護できていなかった」と記されていたようだが、むしろ社会全体が「殺害を容認していた」ように見えるのは気のせいだろうか。どこかに「ゲイなら殺されても仕方ない」という空気が蔓延していたのではないか▼移民が築いた信頼のおかげで親日国となったブラジルは、日本人にとっては居心地のよい国だ。そのためもあってか当地には「人種差別がない」とよく言われるが、ゲイや黒人への根深い差別的社会構造は今も続いているように見える。「人種差別がない国はない」のが正解だと思う▼その一方で、毎年パウリスタ大通りでは世界最大規模、百万人以上のゲイ・パレードが華やかに開催される。パレードだけ見ている分には、まるで「同性愛者に寛容な社会」に見える。でも、そうでない現実があるからパレードにたくさんの賛同者が集まる―という裏返しの発想で見たほうが真相に近い気がする▼コラム子は兵庫北部の片田舎出身だが今も被差別部落があり、幼い頃、祖母から「あの子は〃部落〃の子やから付き合うな」などと聞かされた。部落という言葉に抱いた恐怖に似た感情は、今では風化してしまったが、近代化が未発達な社会ほど差別的感情は色濃く残るのだろう。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2014年3月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月28日  当地では11年10月にウクライナ移民120周年が祝われ、同国のヤヌコーヴィチ大統領(=当時、現在はロシアに亡命し法的大統領を主張)が来伯した。文協でも同9月28日の民族芸能祭に各国総領事館代表らが特別に出席して祝った▼そのウクライナのクリ […]
  • コラム 樹海2014年3月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月29日  移民の昔話を聞いていると、騙された話をよく聞く。金を持ち逃げされた、使用人に訴えられた、信用してサインしたら土地を取られた―など。「ブラジル人だったらまだいい。日本人にやられるんだから落ち込むよねえ…」という言葉もよく聞く。開拓でガムシャ […]
  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • コラム 樹海2014年3月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日本では独自の「カワイイ文化」の一つの到達点として、女性がお嬢様風の洋服やカールした髪、付けまつげで可愛さを追求するロリータ・ファッションが流行っており、一説には100万人も愛好者がいるという▼当地でも10年ほど前から愛好者が増えだした。 […]