ホーム | 日系社会ニュース | 今年も元気にハツラツと!=歩こう友の会がピクニック

今年も元気にハツラツと!=歩こう友の会がピクニック

ニッケイ新聞 2013年1月29日付け

 リベルダーデ歩こう友の会(高木ラウル会長、会員200)は新年初のピクニックとして20日、聖州イツー市の「前田パーク」を訪れた。
 昨年で創立15周年。毎週日曜日の活動に加え、月に一度、州内外の日帰り・一泊親睦旅行を行なっている。
 午前7時にバスはリベルダーデ広場を出発、世話役の小笠原勉さん(70、秋田)の司会で福引、女性向けのプレゼントなどが配られた。
 同会が毎年1月に訪問する前田パークは、1998年に創設された総合レジャー施設(265アルケール)。つり堀、日本庭園、プール、宿泊施設もある。サンパウロ市から約1時間と近いこともあり、週末には多くの来場者であふれている。
 初参加した三原芥さん(91、福岡)は「かつて来たことがあるが、釣堀と馬くらいしかなかった」とその変わりぶりに目を丸くしていた。
 晴天の下、一行は13キロのコースを歩き、気持ちのよい汗を流した。昼食後は、芝生の上に腰を下ろし歓談を楽しむなど、それぞれの時間を楽しんでいた。
 三角圭子さん(69、静岡)は出張で家を空けることの多い夫に勧められ4年前に入会。以来ほぼ毎回参加している。「みんなと色んなところに行けるから楽しい」と笑顔を見せていた。
 小笠原さんは「4月には会員の男女二人が初めて四国のお遍路に挑戦する。会としても壮行会を開くなど応援したい」と話していた。
     ◎
 来月17日には聖州グアラレマ市にデイキャンプを行なう。午前7時リベルダーデ広場前出発。参加費は会員115レ、非会員125レ(交通費と食事代含む)。
 お問い合わせは同会(11・3207・2690)、小笠原(3209・8521)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ