ホーム | 日系社会ニュース | CRBE元会長 篠田さんが講演、2日=在外伯人の実情を語る

CRBE元会長 篠田さんが講演、2日=在外伯人の実情を語る

ニッケイ新聞 2013年1月30日付け

 ブラジル人学校「コレジオ・ブラジル・ジャパン」(愛知県)の経営者で、「在外ブラジル人代表者評議会」(CRBE)の評議員会長を務めた篠田カルロスさんが、来月2日午後2時から、文協小講堂(Rua Sao Joaquim, 381,Liberdade)で講演会を行う。文協とCIATEの共催。入場無料。
 同評議会は、国外に3百万人以上いるブラジル人をサポートする組織として2010年に設立されたもので、篠田さんは設立後初めての評議員会長を務めた。2年間、各国の大使館や領事館で在外ブラジル人に向けた公聴会等を行うなか、各国におけるブラジル人の生活の現状や問題点を把握してきた。
 今回の講演は、同評議会の存在を広く知らせること、また各国のブラジル人労働者の実情や問題点を知らせ、支援の方法を提示することを目的に開催される。
 篠田さんは「日系人は努力家だが、社会問題への関心が薄い。評議会の存在や他国に住むブラジル人の様子を知らせたい」と呼びかけている。
 問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ