ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月30日付け

 海洋研究開発機構の関係者によると、潜水艦「しんかい6500」は、1989年の完成以来改造を繰り返しながら、通算1400回以上の潜行を達成してきたのだとか。特筆すべきはその安全性で、過去に一度の事故も起こしてないという。北里博士も「近年海洋研究に力を入れだした伯国政府も、こういった実績を大きく評価してくれている」と胸を張る。日伯共同での世界的な発見に期待!
     ◎
 『ふれあい日本語センター』に参加したサンファン学園の本多由美教諭によると、学校のあるサンファン移住地も現地人の流入が進み、日本語を話さないボリビア人の母親を持つ生徒が増えているという。昨年6月からは、そんな母親たちのために学校の婦人会が日本語教室を開催し、教師もボランティアとして指導に参加、「子供たちとのコミュニケーションに役立つ」など好評を博しているとか。
     ◎
 今月5日付本紙で聖市のバンド「グループフレンズ」がNHKの特番『熱血!オヤジバトル』の最終選考に残ったことを紹介した。結果を期待しつつ25日の本選出場バンドの決定を待ったが、あえなく落選…。ところが蛯原忠男代表に話を聞くと「ブラジルの日系バンドということで興味を持ってもらえ、番組内で紹介されることが決まった」とか。来月に来伯取材が行われ、放送日は3月の下旬〜4月に予定されているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2018年5月10日 大耳小耳  伯外務省サイトによると、東京都の在日ブラジル大使館にはエドゥアルド・パエス・サボイア氏が特命全権大使として就任する予定だ。同氏はボリビア国ラパスの伯大使館に勤めていた2013年当時、モラレス大統領と対立して伯国への亡命を求めていた同国上議を「人道的理由」から伯国に受け入れた。 […]
  • 大耳小耳2017年2月1日 大耳小耳  JICAボリビア通信第9号を見ていたら、興味深いプロジェクトが進んでいるようだ。標高3600メートルにある首都ラパスから発信しているだけに、副題が「高いところから失礼します!!」とシャレている。同地のボリビア日系協会連合会(ANBJ)は加盟団体と協議を重ねて、「日本学園(仮称 […]
  • 大耳小耳2005年6月30日 大耳小耳 6月30日(木) […]
  • 大耳小耳2005年8月25日 大耳小耳 2005年8月25日(木) […]