ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月30日付け

 まるでアウシュビッツのガス室だ——南大河州サンタマリアのボアッテ火災で231人が亡くなり、129人の負傷者のうち75人は有毒ガスを吸って重態だと聞き、背筋が凍った▼無事に逃げ出したのに、中に残った人を助けようと外壁を崩す作業を手伝っていた若者が、懸命に作業している間に有毒な煙を吸ってしまい、数時間後に意識不明に陥ったとの報に接した時は、献身的な伯人気質に感動を覚えた▼燃えると有毒ガスを出す内装部材に対する規制が緩すぎる点、出口一つの大量集客施設に地元消防署がかつて営業許可を出していたという許認可の曖昧さ、火事の直接の原因になった花火演出の危険性など、様々な責任問題が複雑に絡んでいる▼W杯など国際大イベントを控えた時節柄、世界中のマスコミから当地の運営能力を疑問視する声が上がるのも無理はない。政治家は法律を厳しくして成果を強調するだろう。でも、法律改正だけでは解決にならない。予算の関係で、法律を守らせるフィスカルが常に足りないからだ。つまり当地の問題の根本は、法律ではなくその運用だ。法律運用の究極の解決策は、幼少期から遵法精神を植え付ける教育を強化することではないか。もっとも、数十年前からこの議論は繰り返されている▼今事件が起きた27日は奇しくも国際ホロコースト記念日。南大河州はナチス将校の「死の天使」ヨゼフ・メンゲレが南米を逃げ回った地の一つ。同州カンジド・ゴドイ市は双子の出生率が異常に高い「双子の地」として有名で、一説にはメンゲレが〃人体実験〃した成果とも。独系子孫の多い因縁の州でこの日に、こんな事件とは…。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]
  • ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を2019年3月26日 ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を 「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題    戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  た […]