ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月1日

 展示会『浮世絵ヒーローズ』の作者ジェド・ヘンリーさんは、自身のイラスト入りTシャツにメガネ姿で来社し、「僕みたいな人間はナードと言います」と流暢な日本語で自己紹介。「ナード(Nerd)」は英語で「オタク」の意だが、彼によれば「米国人の10人に一人はナード」とか。幼少時から日本の漫画やゲームに親しみ、10年前にモルモン教の布教活動で来日し、日本語の読み書きを覚えた。「僕らにとって日本はまさにファンタジーの世界」。日本への憧れは尽きない。
    ◎
 NTTドコモが28日、今月1日に聖市に現地法人「DOCOMO Brasil Servicos de Telecomu-nicacao Ltda」を設立すると発表した。日系の進出企業向けに、携帯電話を活用したITシステムやビジネスモデルを提供するほか、中南米の携帯ビジネスの市場調査を行う。同社の現地法人は米、英、中国、シンガポールなどに続き10カ所目。
     ◎
 厚生労働省が発表した2010年の都道府県別平均寿命ランキングによれば、長寿1位は男女ともに長野県。男性は80・88歳で5回連続、女性は87・18歳で、7回連続トップで、長寿県の名声を欲しいままにしてきた沖縄県を抜き初の1位となった。同県は地域医療や障害学習に力を入れているほか、高齢者の就業率も高いとか。高齢化が進むコロニアのモデルとしても、参考になりそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 大耳小耳2014年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月13日  日本のファッション普及を目指し、先月設立した「J―ファッション・ブラジル協会」(7日付本面詳報)。9日午後、佐藤クリスチアーネ会長が初の講演会を開いたところ、予想を上回る80人の出席で会場の三重県人会会議室が超満員に。「参加できなかった人 […]
  • 大耳小耳2017年8月8日 大耳小耳  ブラジル漫画協会(Abrademi)が主催する「日本の歴史講演会」の第5回目が、13日の午前9時から三重県人会(Av. Lins de Vasconcelos, 3352, Vila […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2017年4月14日 大耳小耳  桜田医院の桜田ローザ院長の話では、今年ブラジルで予想されているインフルエンザのタイプは、アメリカ、日本でも流行ったA―H3N2型(A香港型)だそう。「お年寄りや子供で症状が重くなりやすい特徴があります。アメリカでは65歳以上の高齢者と妊婦さんが多く死亡したので、気をつけましょ […]