ホーム | 日系社会ニュース | デザイナー押元末子さん=MASPで着物ショー=7日

デザイナー押元末子さん=MASPで着物ショー=7日

ニッケイ新聞 2013年3月2日

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター(深野昭署長)が、国際的着物デザイナー押元末子さんを招き、『現代ファッションの要素を取り入れた和服紹介』イベントを、7日午後7時からサンパウロ美術館大ホール(Av. Paulista, 1578, Bela Vista)で開催する。入場無料(午後6時から入場券配布)。
 着物ファッションショー、着付けの実演および講演が行われる。日ポ語同時通訳付き。
 1992年に着付師資格を取得し、99年に渡米、08年ロサンゼルスに「キモノ・スエヒロ」を設立した。伝統的な着付けを教えつつ、ファッション雑誌や映画スターのスタイリストとして活躍している。
 問い合わせは同基金(11・3141・0110)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ