ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月2日

 安倍政権が発足してから「円安」が進み一時は94円台にまでなり、財界首脳は「これで企業の輸出に拍車が掛かる」と大喜びしているが、この為替相場と言うものにはマイナスの側面もあるので単純に歓迎という訳にはいかない。自動車や造船、機械などの輸出商品には大いに結構なことながら輸入品は高くなり、まあ—一般市民らは苦い表情になって「苦しい」の悲鳴を上げ、これをまたマスコミが面白がって?報道する▼先に弊紙でも「日本、電力、ガスなど値上げ」と報じたけれども、確かに物の値上げは誰にとっても喜ばしくは無い。電力は福島原発に端を発し廃棄論が強まり、致し方なく火力発電に切り替えが行われ、石炭や石油、ガスなどの輸入が急拡大している。このため全国の電力10社が値上げに踏み切ったのであり、これも民主党政権が「2030年で原発廃止」を掲げた影響が大きい▼尤も、この廃止方針には、財界も反対であり、自民党も「見直し論」が強い。首相は施政方針演説で「原発再稼動」を表明し、当面の難局を乗り切るけれども、長期的なエネルギー政策の確立を急ぐべきは論を待たない。勿論、ドイツのように「全廃」したところもあるが、中国を始め原発建設の動きが強く、東芝や日立などの企業も輸出に向け活発に行動している。このような輸出企業には「円安」は、待ち望んでいた事態であり、間違いなく—胸を高鳴らせている▼あのトヨタは、為替が、1円、たったの1円安くなるだけで営業利益が350億円もが増えるそうだ。と、為替相場は輸入品の高騰を招き輸出黒字—と何ともややこしく難しい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • コラム 樹海2013年2月5日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月5日付け […]
  • 2025年万博の大阪誘致に賛同を2017年11月28日 2025年万博の大阪誘致に賛同を  「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。 […]
  • ますます狭まるルーラ包囲網2016年2月11日 ますます狭まるルーラ包囲網  パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、ルーラ前大統領が足繁く通っていたアチバイアの別荘の改築工事の件を別件捜査する事を認めた▼ペトロブラス関連の汚職等を扱う連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で告発されたOAS社が、グアルジャーの3層住宅とアチバイアの別荘の改築に関わってい […]
  • 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭2015年6月12日 父はブラジルで、息子は日本で頑張る移民家庭  三重県鈴鹿市に住む遠藤健二さん(51、二世)はリーマンショック後に解雇されて苦しみ、日ポに加え英西4語の語学力を武器に「ユニオンみえ」の専従職員になり、外国人労働者の権利を守るために奮闘しているという記事が毎日新聞5日付夕刊に掲載された。外国人労働者にとって《遠藤さんがい […]