ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月5日

 山口県周南市で「ひなまつり国際交流会」が2日に開かれ、地域住民や米、英など4カ国の子どもや家族ら約140人が参加した。中国新聞によれば、特に人気だったのは着物の着付け体験とか。岡山文化協会婦人部による「ひな祭り」でも着付け体験を行うが、使うのは浴衣で子どもの参加者もまだ少ない。せっかくなら着物を使いブラジル社会にも宣伝すれば、もっと関心が集まるのでは。
     ◎
 停電したり、携帯が繋がり難かったりと、新聞社とは思えない通信インフラの弱さが如何ともし難い—というのが本紙編集部のボヤキ。先日は電話が不通となり、読者を「もしや…!」と心配させてしまったところ。実は新しい回線にする工事をしていたのだが、電話番号が変わった。旧番号(11・3208・3977)がいつまで使えるのか時期がはっきりしないため、新番号(11・3340・6060)までご連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2013年2月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月26日 […]
  • 大耳小耳2013年2月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月27日 […]
  • 大耳小耳2013年2月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月22日 […]
  • 大耳小耳2013年2月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月23日 […]