ホーム | 日系社会ニュース | WBC中国戦=終盤までリードも逆転負け=辻さん「文句つけようない」

WBC中国戦=終盤までリードも逆転負け=辻さん「文句つけようない」

ニッケイ新聞 2013年3月6日

 【既報関連】WBCブラジル代表は5日、第1ラウンド最終戦として中国と対戦し、2対5で敗れた。
 2回に相手投手の死球・暴投により4番ユウイチが塁を進め、2死3塁に。これをムニスの内野安打で生還させ、先制点を奪取した。7回にも得点しリードを2点に広げる。
 好調に試合を進めてきたブラジルだったが8回、5回からマウンドに上がっていたゴウベアが、内野安打を許した後連続で四球を献上し、1死満塁に。代わって入ったビエイラもアウトをとれず、一挙3点を失い逆転を許した。
 結局この回5失点、3点差をつけられた状態で最終回へ。最後は代打ファニョニが三振に倒れ、ゲームセット。初めてのWBCは悔しい3連敗に終わった。
     ■
 現地で3試合を観戦した本紙WBC通信員辻修平さんのコメント。
 メジャーリーガー不参加でもほぼ全員が億単位の年収の日本代表・侍ジャパン、それに比べブラジルチームは全員の収入を計算しても4000万円にも達しません。
 日本の報道機関はブラジルを格下と決めつける意見が大多数の中、終盤まで試合を有利に進める善戦を見せました。
 この日本戦、強豪として有名なキューバとの対戦を含め、ブラジルの戦いは本当に立派でした。
 合宿練習はおろか、選手達はそれぞれのチームで練習し、日本に来てからやっとチーム全員が揃い、わずか2試合の練習試合で本番突入と厳しいスケジュールを物ともせずこの成績、文句のつけようがありません。
 日本移民が持ち込み、コロニアが育て、日本、キューバ、メジャーの協力でここまでの成長を果たした〃Beisebol〃 が大きく世界に羽ばたきました。まるで夢を見ているようです。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝2018年8月17日 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝  「第15回世界ジュニア相撲選手権大会」と「第22回世界相撲選手権大会」がそれぞれ7月21日と22日に台湾の桃園(とうえん)市で行われた。日本、台湾を始め欧州やアジアなどの計25カ国・地域から男女約200人が参加。ブラジルからは11人が出場し、ジュニア大会男子重量級でジ […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん2018年7月6日 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん  アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]