ホーム | 日系社会ニュース | 兵庫県人会=尾西貞夫氏が会長続投=定期総会に34人出席

兵庫県人会=尾西貞夫氏が会長続投=定期総会に34人出席

ニッケイ新聞 2013年3月8日

 兵庫県人会(尾西貞夫会長)が昨月24日、宮城県人会会館で『定期総会』を開催し、会員34人が出席した。役員改選では、尾西氏による会長続投が決まった。
 同県人会は県からの奨励金を主な収入源としているが、昨年は兵庫漁業連から仕入れた兵庫海苔の販売が臨時収入となった。尾西会長は、「この収益が赤字回避につながった」と挨拶の中で報告をした。
 岸本晟総務により昨年度事業報告、続いて鎌谷昭会計から会計報告がなされた。今年の事業計画は恒例のピクニック(9月)および、若手地域農業リーダー育成研修海外派遣団の受け入れ。新役員は次の通り(敬称略)。
 【会長】尾西貞夫【副会長】尾崎俊彦(第一)、酒井芳樹(第二、総務も兼ねる)【会計】天野ウーゴ【正監査】松下大谷マルリ瞳、喜多山重男、斎藤修三【監査補】山本アナ・パウラ美代子、高田千恵子、岸本晟、大川満、上野清二。

image_print

こちらの記事もどうぞ