ホーム | 日系社会ニュース | 「伯国で秋田のPRを」=秋田国際課 斎藤小夜里さんが視察

「伯国で秋田のPRを」=秋田国際課 斎藤小夜里さんが視察

ニッケイ新聞 2013年3月9日

 秋田県庁国際課の斎藤小夜里主事(25、秋田)が、秋田県人会やブラジルの状況を視察するため、1日に来伯した。
 主な目的は県と県人会の交流の活発化、サイトの制作指導、ブラジルの視察の三つ。日本で本紙を読み、日系社会に関心をもっていたという斎藤主事は「日系社会と生で触れるのは初めて。この機会に色々勉強し、帰国後周りに伝えたい。色々視察して、これからブラジルで県のどんなPRが出来るか考えたい」と意気込みを語った。
 13日まで滞伯し、聖市をはじめオザスコ、モジ、サントスを訪れ、同県出身者の高岡庸二郎さんの大農場や、大石博道さんが経営する大石倉庫、アルコール精製工場や日本移民史料館等を見学する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 島根県人会が物品寄贈=援協にTVとパソコン2013年2月26日 島根県人会が物品寄贈=援協にTVとパソコン ニッケイ新聞 2013年2月26日  島根県人会(足立操会長)はサンパウロ日伯援護協会に対し大型薄型テレビ1台、コンピューター1台(総額約3800レアル相当)を贈呈し、23日に同県人会館でセレモニーを行った。 […]
  • 初航海から半世紀—=「さくら丸」同船者会=着伯年問わず、参加募る2013年3月9日 初航海から半世紀—=「さくら丸」同船者会=着伯年問わず、参加募る ニッケイ新聞 2013年3月9日  1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者会が5月19日午前10時から、聖市の宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開かれる。 […]
  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]
  • 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も2016年6月15日 練習艦隊で訪伯後、米国移住=移民への感謝語る橋さん=北南米の自転車一人旅も  「日本移民が築いた信頼のおかげで、一人旅でも南米で人々に受入れてもらえた」―そう語るのは70年代に北南米を自転車で旅した橋勝雄さん(71、東京都)。海上自衛隊に入隊し、遠洋航海で初来伯。その後、米国に移住し、現在はロサンゼルスで庭園業を行う。「とにかく日本を出て広い世界を見た […]