ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月13日

 戦後移住60周年を記念し、海外日系人協会が主催する「ブラジル移住者里帰り訪日使節団」の一行が今月末に日本に向け出発、20人(付き添い除く)が半世紀ぶりに祖国の地を踏む。参加者はどんな思いで臨んでいるのかー。共催するサンパウロ新聞社が12日に行った説明会を覗いてみた。事前に電話取材もし、「説明会で会いましょう」と受話器越しに約束もしていた▼「日本語は分からんよ。もうブラジル人だから」と電話で口数少なかった角田智明さん(84、広島)は戦前移民。実に79年ぶり。会って話してみると、「日本の親戚に見せたい」という和服姿の祖父母や開拓時代の写真を前になかなかの饒舌ぶり。「フェイジョンが懐かしくなるんじゃないですか?」と軽口を叩くと「味噌汁があれば大丈夫。やっぱり日本人だからね」とニコリ▼宮城県人会で開かれる青葉祭りでいつも元気に野菜を売る宮田隆之さん(68、同)は16歳で来伯。「小、中学校の友達と会いたい」と話しながらも「せっかく行かせてもらうんだから、何か持って行って、何かを持って帰らないとね」と日本人の生真面目さをチラリと垣間見せた▼旧知の知り合いながら、初の帰国とは知らなかった。グァタパラ移住地在住の吉永文子さん(59、長崎)の出身は、かつて炭鉱だった高島。60年代は3千人がいたというが、閉山してから観光地になっているという。「通った小学校は残っているかな。行ってみたいね」と笑顔。わずかな思い出と郷愁が形作ってきたそれぞれの日本。ブラジルに帰国したさい、その姿はどのように変わっているのだろうか。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • コラム 樹海2013年2月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月28日 […]
  • コラム 樹海2013年3月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]