ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月15日

 来月末に迫った文協会長選挙。木多体制が3期目の出馬をしたところで、思わぬニュースが飛び込んできた。小川派が、自派の4人の副会長を入れた〃融合シャッパ〃を提案。それが受け入れられないとなると真っ向対決となるのだろうか。この会合は、安部下議の宮原補佐官、援協の菊地会長が出席。欠席したが県連の園田会長の参加も予定されていたようで、どうやらポリチコ、コロニアの総意の形を取っているようだ。今までの経緯から、小川氏が現体制の元で副会長になることは考えにくい。となると…?
     ◎
 ブラジル生長の家伝道本部は、3年前に当地の宗教団体として初めてISO14001(国際標準化機構の資格)を取得した。その資格更新のための再検査が実施され、無事に通過した認可証が、3日に授与された。これは環境に深く配慮した経営をしていることを証明するもの。村上理事長は「サンタマリア火災を受け、消防関係の基準が厳しくなったが、無事認可された。職員全員の献身的な努力のおかげ」と感謝した。監査組織のフィスカルが抜き打ちで訪れ、職員に厳しい質問を浴びせるよう。今では全職員が自分のコップを持ち、使い捨てはゼロだとか。
     ◎
 愛知県瀬戸市在住で豊田市内の伯人学校高等部を卒業した日系人、中豊留ハルミさん(19)が、名古屋外国語大学の入試に合格した。毎日新聞が報じた。ハルミさんは4歳で訪日、瀬戸市の小学校に通った。2年ほど一時帰国したがまた戻り、伯人学校に通いながら、保見団地で活動するNPO「トルシーダ」の日本語教室でも勉強し、見事合格を決めたとか。伯人学校高等部の卒業生が日本の大学に合格するのは稀だ。「将来は観光に関係する仕事に」と語っているそう。相当なものだっただろうその努力に、拍手を送りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2013年2月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月26日 […]
  • 大耳小耳2013年2月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月27日 […]
  • 大耳小耳2013年2月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月22日 […]
  • 大耳小耳2013年2月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月23日 […]