ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世界の中で独自に再解釈した「日系文化」が全盛になっているというコラムの主旨に関し、須賀さんはかつて《親の背と云う言葉あり成人の混血孫の仕草は日本》と詠んだと回想。まさに日系文化としての仕草が、混血孫の背中に現れていること詠った作品だ。感想の最後には《県連主催の日本祭りの成功をお祈りいたします》と締めくくられている。
     ◎
 先週、サンパウロ市アクリマソン区の薬局でマスクを探していたら、店員から「今は入荷したばかりだからたまたまあるけど、普段は在庫ゼロ。なんでも、マスクを中国に輸出しているから国内が品薄になっていると聞いた」とのこと。中国から始まり、日韓・イタリアなどで感染が拡大している新型コロナウイルスの影響は、ブラジルでも広がっている。とはいえ日本では偽ニュースが出回って、マスクどころかトイレットペーパーなどの紙製品まで買い占めが起きたり、インターネットオークションで高額転売されるなどの事態も起きているとか。ブラジルでは、昨日までの路上カーニバルでは上半身裸のような格好をして密集状態の中で踊りまくっている若者が多数いた。そんな具合で、ブラジルでは今のところ一般人がウイルス・パニックに陥ることはなさそう。むしろ、もっと気にした方がいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=どうなるコロナ禍の新年=発展の基礎を決める年=サンパウロ市在住  駒形秀雄2021年1月9日 特別寄稿=どうなるコロナ禍の新年=発展の基礎を決める年=サンパウロ市在住  駒形秀雄  薄曇りの空から時折太陽ものぞく穏やかな空気の中で 新しい年が始まりました。  正月は真夏だというのに気温は快適、日本のような大雪もないし地震も無い、恵まれた土地なんだなと思わされます。  さて、年が改まるとなると 「今年はどうなるのだろうか」「これを機会に気持ちを […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]