ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月2日

 最近、砂糖の害を訴えるサイトをよく見かける。砂糖の過剰摂取というと、糖尿病や肥満を思い浮かべるが、最近、血糖値の低下が引き起こす「機能性低血糖症」の認知度が高まりつつあるという。疲れやすさや集中力の欠如、自制がきかない、肌あれ、冷え性など症状は多岐にわたり、最近の子どものキレやすさの一因という説もあるとか。そういえば、ブラジル人もかなりの甘党だが…。    
                     ◎  
日本で「太陽のマテ茶」が好調な売れ行きを見せているようだ。昨年3月の発売から、当初見込みの5割を越える勢いだという。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なことから「飲むサラダ」として発売を開始。健康、ダイエットが大好きな日本人の気持ちをくすぐったよう。某紙によれば企画担当者は「ブラジル人は肉食ながら肥満傾向が低いことから、肉食と健康志向のコンセプトが合致した」とか。どこのデータを取ったのか、「???」のコメントだが、ブラジルを近くに感じてもらうことでよしとしましょう。     
                     ◎  
法務省の統計によれば、都道府県別では47都道府県中、27の都府県で在留外国人数が減少した。最も多いのは東京都(39万3974人)で全国の19・3%、それに大阪、愛知、神奈川、埼玉と続く。東日本大震災の被災地域では岩手、宮城、福島3県における昨年末の在留外国人数は、岩手で3・1%増、宮城で2・6%増、福島で3・2%減だった。やはり、福島は原発事故のネガティブイメージが強いことが伺われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]
  • 大耳小耳2014年7月5日 大耳小耳  日本都市計画学会で国際交流賞を受賞した中村矗さんはその後、出身地の兵庫県を訪れ、井戸敏三県知事に報告した。今年3月に刊行された服部圭郎氏著『ブラジルの環境都市を創った日本人―中村ひとし物語』を贈呈したところ、井戸知事からも刊行された自身の随筆集を贈られたそう。お互いにサイ […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]
  • 大耳小耳2014年6月28日 大耳小耳  「富士山写真展」はオザスコの日本祭りでも好評を博し、県連日本祭りの後も、レジストロ平和灯篭流しを含め、すでに幾つかで巡回展が準備されている。霊峰富士の雄姿を各地の祭り会場で見ることも可能。巡回展の希望団体は編集部(11・3340・6060=堀江)まで。     ◎ 「憩の […]
  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]