ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月3日

 リベルダーデ区のプラッサ・カルロス・ゴメスにあった自家製麺の中華料理店「永和」が移転した。新しい住所は本紙近く(Rua Americo de Campos, 154)。オープン記念として本紙広告を持参すれば、2割引きサービス中だ。今週の広告は2日(火)と5日(金)、来週からは木、土の掲載で一カ月だけの期間。自慢は、台湾コロニアきってのマッサ名人といわれる汪杏貞さんの麺や餃子。この機会に是非お試しを。
                        ◎
 昨月撤去された、モジ市入り口の巨大鳥居。暴風雨で傷んだ笠戸丸モニュメントと共に再建され、百周年記念公園内に設置されることが決まった。同時に、今後の記念公園の維持管理はモジ文協の手に渡る。さらに市の要請に応え、記念公園の有効利用を図るため日本文化イベントの開催も企画中とか。これからの文協の大仕事になりそう。
                        ◎
 月一回の援協の役員会は、毎回各委員会や施設からの単なる報告で終わる。前の週の常任理事会では議論があるのかもしれないが、何の意見も出ないことが多い。相当大きな事業の話をしているのに、それでいいのだろうか。しかも午前11時半から始まって「午後1時半終了が目標」と最初に通達されるが、それより長引く。以前「議事録を事前に配布しては」という意見が出たが、却下されていた。しかし、最初にポ語で読み上げられる議事録を全員真剣に聞いているかも「?」だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 大耳小耳2015年10月27日 大耳小耳  沖縄出身の夫婦が営む東洋街のカラオケ居酒屋「ちから」が、9月末から閉店している。夫婦が永住帰国したためで、常連客は「もうブラジルには戻ってこないかも。再開の可能性はすごく低い」と寂しげな声。2012年にはスナック酒場「つがる」も店じまいしており、かつてあった東洋街の活気も薄れ […]
  • 大耳小耳2015年11月18日 大耳小耳  本紙編集『未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、沖縄タイムス刊)の日本語版はすでに当地では売り切れ、日本でしか手に入らない貴重なもの。でも、ポ語版(50レアル)はソール・ナッセンテ人材銀行(11・3208・2944)で販売中だという。沖縄県人会が総力を挙げて昨年発刊した記念誌『写真で […]