ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西=1ミリオン計画を開始=天野氏から第1弾振込み

聖南西=1ミリオン計画を開始=天野氏から第1弾振込み

ニッケイ新聞 2013年4月6日

 聖南西文化体育連盟(山村敏明会長)の定例役員会が3月30日午前10時、コロニア・ピニャール文化体育協会(貴田孝平会長)に於いて開催された。聖週間にも関わらず約50人が出席、活発に議題が協議された。
 本年度の新文協会長、同連盟新部長が自己紹介した後、現在小休止しているサッカー部、野球部、バレーボール部、姉妹都市の活性化について意見が交換された。
 昨年から始まった「聖南西1ミリオン・プロジェクト」の第1弾として、〃呼び水〃となる約5万レアルを傘下文協が持ち寄ったことが報告された。
 それに対し、天野鉄人氏は約束どおり、2倍の10万レアルを寄贈し、総額15万レアルがサンタンデール銀行の聖南西の特別口座に預金され、このプロジェクトが第一歩をしるした。
 山村会長と天野鉄人氏は共に、「2年後には必ず1ミリオンの金額に達する」との意気込みを語った。
 会議終了後は、コロニア・ピニャール文協ご婦人方の心づくしの昼食に舌鼓を打ち親交を温めた。(金子国栄さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ