ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 愛好者が高齢化し、日伯両国で減少気味の囲碁人口。若手の育成に努める日本棋院南米本部の平松幸夫理事長は「段々若手のいい棋士が生まれている」と語る。初心者囲碁講座の講師を務める島田シンジさん(三世)も、その一人。囲碁歴約10年の大学生で、今年9月に仙台で開催される「第35回アマ選手権」にブラジル代表として出場し、72カ国の選手と競合するとか。
    ◎
 1台ずつしかない洗濯、乾燥機が不調になり、新品を調達したが置き場もないと、やむなく洗濯場の改築に踏み切った「こどものその」。費用は約10万レアルで、現時点で「第12回ボイ・ノ・ロレッテ祭り」「第14回慈善カラオケ大会」それぞれの収益2万8千レ、約1万2千レが充てられた。谷口ジョゼー理事長によれば、今年9月の55周年記念式典までには完成予定とか。
     ◎
 一行がサンジョアキンふるさと巡りで泊まったホテルには階段しかないので、荷物はもちろん、移動に一苦労する高齢者の姿が見られた。カンピーナス在住の山中タツミさん(83、愛媛)は「エレベータもないホテルに泊まらされるなんてビックリ。初めてだよ」と呆れたような表情で杖を付きながらゆっくり、ゆっくりと階段を上っていった。満州の看護婦学校を卒業、57年に渡伯し、北パラナのアサイで薬局をやってから出聖し、援協で長いこと看護婦をしていた強者だが、寄る年波には勝てない。他にも「せっかくここまで来たのに、試験場にある後沢憲志博士の胸像や最初に持ってきたフジの苗木第1号などを見れないのは残念」という声も。次はコチア青年主催で「組合巡りの旅」もいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2008年10月17日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年10月17日付け 土曜日  熊本県人世界大会「世界のもっこす大会」、十八日午前十時、文協ビル(R.Sao Joaquim,381)、午後一時から大講堂で「熊本芸能ショー」     □ […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • バナナ王が成功の秘密講演=稲盛「ブラジルで日本人の魂を」=盛和塾公開講座に150人2017年7月4日 バナナ王が成功の秘密講演=稲盛「ブラジルで日本人の魂を」=盛和塾公開講座に150人  盛和塾ブラジル(山田勇次代表世話人)は「第3回盛和塾ブラジル公開講座」を6月23日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで開催した。当日はブラスニッカ社創業者で、ミナス州ジャナウーバ市市長を4年間務めた山田勇次さんによる講演が行なわれた。「バナナ王」の経験からビジネスの […]
  • 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす2017年3月9日 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす  日本の農業組合を束ねる独立的な総合指導機関「全国農業共同組合中央会」(以後、JA全中)の萬歳章顧問(71、新潟県)が4日朝、サンパウロ市に到着した。午前11時からさっそく、ブラジル新潟県人会(南雲良治会長)とコチア青年連絡協議会(前田進会長)が共催する歓迎会に出席し、40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]