ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 愛好者が高齢化し、日伯両国で減少気味の囲碁人口。若手の育成に努める日本棋院南米本部の平松幸夫理事長は「段々若手のいい棋士が生まれている」と語る。初心者囲碁講座の講師を務める島田シンジさん(三世)も、その一人。囲碁歴約10年の大学生で、今年9月に仙台で開催される「第35回アマ選手権」にブラジル代表として出場し、72カ国の選手と競合するとか。
    ◎
 1台ずつしかない洗濯、乾燥機が不調になり、新品を調達したが置き場もないと、やむなく洗濯場の改築に踏み切った「こどものその」。費用は約10万レアルで、現時点で「第12回ボイ・ノ・ロレッテ祭り」「第14回慈善カラオケ大会」それぞれの収益2万8千レ、約1万2千レが充てられた。谷口ジョゼー理事長によれば、今年9月の55周年記念式典までには完成予定とか。
     ◎
 一行がサンジョアキンふるさと巡りで泊まったホテルには階段しかないので、荷物はもちろん、移動に一苦労する高齢者の姿が見られた。カンピーナス在住の山中タツミさん(83、愛媛)は「エレベータもないホテルに泊まらされるなんてビックリ。初めてだよ」と呆れたような表情で杖を付きながらゆっくり、ゆっくりと階段を上っていった。満州の看護婦学校を卒業、57年に渡伯し、北パラナのアサイで薬局をやってから出聖し、援協で長いこと看護婦をしていた強者だが、寄る年波には勝てない。他にも「せっかくここまで来たのに、試験場にある後沢憲志博士の胸像や最初に持ってきたフジの苗木第1号などを見れないのは残念」という声も。次はコチア青年主催で「組合巡りの旅」もいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 講演を行う梅田大使2014年11月18日 文協統合フォーラム=日伯交流の可能性を探る=大使講演、首相来伯で緊密化=3年で900人の伯人受入れへ  日系社会の活性化を目指す「文協統合フォーラム」(西村リカルド実行委員長)が15、16の両日、聖市文協の貴賓室などで行われ、聖州はじめベレン、ブラジリア、ベロ・オリゾンテなど全伯各地から約100人が参加した。梅田邦夫駐伯日本国大使、海外日系人協会の森本昌義理事、デブリット・ […]
  • コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に2005年1月1日 コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に 1月1日(土)  壮大な野心と希望に満ち溢れた男たちだった。一九五五年九月十五日、約四十日間の船旅を終えた百九人の若者がサントス港に降り立ってから今年で半世紀の節目――。その背景や形態から日系移民史でも特筆されるべき存在である「コチア青年」が九月に五十周年記念式典を開 […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]
  • 大耳小耳2016年10月12日 大耳小耳  先日の日曜日、リベルダーデ広場のフェイラ内で中国の伝統音楽のようなものが聞こえ、黄色いTシャツを着た中国の宗教「法輪功」が列になって現れた。宣伝を兼ね、自国で信者が受ける迫害への抗議活動らしい。弾幕を掲げビラを配りつつ練り歩く光景は人目を引く。不思議そうに見る周囲の人々は、差 […]
  • 大耳小耳2016年8月11日 大耳小耳  神戸の日伯協会機関紙『ブラジル』972号が7月に刊行された。9月のパラグアイ日本人移住80周年出席をひかえて、眞子内親王殿下が7月15日に移住ミュージアムを2時間余りご視察されたとか。11月19日には同協会創立90周年記念式典を予定。興味深いのは9月24日午後2時半からの90 […]