ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 サッチャー元英国首相の死去が大々的に報道されている。亜国からすれば1982年のマルビナス(英国名=フォークランド)戦争時の憎き相手だ。伯国も同戦争に密かに関係していたと昨年明らかにされた▼米国の支援を受けた英国と戦うという冷戦の構図から、ソ連・キューバが亜国支援に裏で乗り出していた。本紙昨年4月4日付け2面「マルビナス戦争30年=伯国の真相が明らかに」でも、ソ連が亜国の核開発のために濃縮ウラン100キロを送るとの文書が残されていると報じた▼伯国の立場は実に微妙だった。亜国は隣国で、同じ軍事政権だ。一方、伯国にとって英国は独立前から関係が深く、米国は第2次大戦以降、最重要パートナーとなった▼1833年から同諸島の亜国領有を認めている伯国は、その支援のためにペルー、リビア、アンゴラからの戦略物資を載せた飛行機の領空通過を許可した。しかし、ソ連の物資を載せたキューバ機が無許可通貨しようとした際は、戦闘機が発進させて強制着陸させたという▼南米から革命の火を起こそうとしたゲバラがボリビアで殺された後、手を拱いていた共産陣営からすれば、マルビナス諸島紛争は亜国を自陣営に引き入れる絶好の機会だった。もし亜国が原爆を持った共産主義国になっていたら、伯国の歴史も変わっただろう▼男以上に漢(おとこ)であった彼女らしい名言として、同戦争派兵を決める閣議で躊躇する男性閣僚らに向かって「この内閣に男は一人しかいないのですか!」と言い放ったのは有名な話だ。亜国も女性大統領だがウルグアイ大統領から「ババア」扱いされたばかり。まだしも女扱いで良かったか?(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • チリ大統領選=バチェレ氏が2度目の当選=対抗マッテイ氏を圧倒=議会でも左派連合が過半数超=教育改革めぐり銅産業は?2013年12月17日 チリ大統領選=バチェレ氏が2度目の当選=対抗マッテイ氏を圧倒=議会でも左派連合が過半数超=教育改革めぐり銅産業は? ニッケイ新聞 2013年12月17日  チリの大統領選挙の決選投票が15日に行われ、2006〜2010年に大統領を務めた、野党連合(ヌエーヴァ・マジョリア)代表のミチェレ・バチェレ氏(チリ社会党)が、現与党連立派閥(アリアンサ)代表のエヴェリン・マッテイ氏(独立民主連合)を大差 […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化2017年4月11日 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化  キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの戦友としてボリビア山中で政府軍と戦って亡くなった唯一の日系人、前村フレディ(ボリビア二世、1941―67)の話を2012年2月に連載『ゲバラと共に戦った前村=伯国親族と再会したボリビア子孫』として紹介した▼フレディの姉マリーさんとその息子エ […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]