ホーム | コラム | 樹海 | 原発を狙う同時多発テロの可能性は?

原発を狙う同時多発テロの可能性は?

福島原発事故による危険な圏内を示した図(By HmanJp, CMG Lee and OpenStreetMap contributors, CC-BY-SA [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons)

福島原発事故による危険な圏内を示した図(By HmanJp, CMG Lee and OpenStreetMap contributors, CC-BY-SA [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons)

 以前からテロの標的として「原発」が挙げられ、映画やドラマも作られてきた。現在、「イスラム国」最大の標的、仏米はともに最大級の原発依存国だ▼イスラエルを視察したという日本の研究者と数年前、昼食を共にした。彼は現地科学者と交流した際「秘密裏に原爆を持つほど技術力があるのに、なぜ原発を作らないのか?」と尋ねた。答えは「原発は上からの攻撃に致命的な弱点がある。放射能の悪影響は何百年と続くから国土の狭い我が国ではリスクが高すぎる」だったと聞き、ショックを受けた▼原爆を落とされても人は住めるが、原発が爆発したら住めなくなることは、悲しいことに日本人が誰よりも良く知っている。敵国に致命的なダメージを与えたいなら「複数の原発を狙う同時多発テロ」―これ以上の攻撃はない▼法律家ルイス・フラヴィオ・ゴメス氏の19日付コラムによれば、仏国民の7・5%(500万人)はイスラム教国移民と子孫だ。仏国籍の二世世代になっても多くが貧困地区に集住し、キリスト教白人社会と住み分け状態にある。7万人の仏刑務所人口のなんと6割がイスラム教系。そこで過激派と知り合って「イ国」に誘われ、1200人が渡ったとある▼テロを生む温床は自らの格差社会と差別体質…。自分が生まれ育った国を、テロ攻撃するほど憎むようになったのは、なぜか。それに目を瞑り「イ国」空爆で問題解決する―という発想に、矛先を逸らす政治的な意図はないか▼日本は狭い国土に50基以上の原発を作った。広島、長崎の教訓を甘く見ているとしか思えない。本気で有事を想定するなら、経済発展よりも国民の安全を優先すべきだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 理想主義すぎるブラジル憲法と、遵法精神の少ない民2017年1月10日 理想主義すぎるブラジル憲法と、遵法精神の少ない民  古杉征己さん(42、広島県三原市)はブラジルで弁護士試験が始まってから、おそらく初の日本人合格者だ。一見、控えめな感じだが、内には強い意志と燃え盛る志を秘めている▼苦節十年で弁護士試験に合格した感想を訊くと、まず「苦労しました」と前置きしつつも、「こんなに格差が激しく、汚 […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  ブラジルで、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」はブラジ […]
  • ブラジルの女子テニスの先駆者と坂本九の共通点2018年6月15日 ブラジルの女子テニスの先駆者と坂本九の共通点  9日、ブラジルにおけるテニスの伝説、マリア・エステル・ブエノが亡くなった。彼女は1950年代から60年代にかけて、世界4大大会(全英・全米・全豪・全仏)の4大大会のグランド・スラム(全制覇)を成し遂げた世界史上最初の選手だ▼現在でいうならセレーナ・ウイリアムス(米国) […]
  • ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?2018年5月22日 ブラジルの統計数値はどこまで信用できるか?  本紙2面の19日付記事『本当の失業率は過去最悪=就職断念者入れれば約25%=「政府の雇用改善宣言は欺瞞」』を読んで、思い出した。 […]
  • 理想的過ぎる憲法と予告された悲劇2018年5月8日 理想的過ぎる憲法と予告された悲劇  「Tragedia […]