ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月31日付け

 4月8日付けエスタード紙には「旧ナチス党コロニアが解体へ」との記事が出ていた。サンパウロ市から260キロのパラナパネマ市にあるその南十字星農場は、ブラジル統合行動(AIB)というファシズム運動の信奉者によって1930年に購入され、リオの孤児院から連れてきた子供50人を〃奴隷労働〃させた場所と報じられている。名前の代わりに番号で呼ばれ、ナチス式の儀式を強制されたという▼これを読んで一種の「レーベンスボルン」だとピンときた。ナチス福祉局は34年、ドイツ民族の人口増加と「純血性」の確保を目指して孤児や母子を集めた特殊な福祉施設を作った。これに触発されて小説『ソフィーの選択』、漫画『MONSTAR』が発表されている▼SF小説『ブラジルから来た少年』では、アウシュビッツで人体実験を繰り返した〃死の天使〃ヨセフ・メンゲレ博士まで登場する。戦後、当地に逃亡潜伏し一ドイツ移民としてベルチオーガで死んだ▼37年にバルガス新国家体制が始まると同農場の子供たちは解放された。戦後たまたまそこを買った人が豚舎を壊していたら鉤十字マーク入りのレンガを見つけて驚き、専門家に調査依頼したことから判明した▼当地は30年代、ドイツ以外で最多のナチス党員を誇った。特に南部ではドイツ移民が孤立した環境で植民地を形成し、ドイツ語しかしゃべれない子供がかなりいたという▼同農場所有者が市に「史跡として買上げるか」と相談したが断られ、サトウキビを植え付けることにした。おりしも映画『汚れた心』が上映中だが、なぜドイツ移民でなく日本移民が選ばれたのか、それ自体が興味深い。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]