ホーム | コラム | 樹海 | 本格的な社会保障改革は再来年か

本格的な社会保障改革は再来年か

エスタード紙10月27日付《本格的な社会保障改革は選挙後とエコノミストは評価》記事

エスタード紙10月27日付《本格的な社会保障改革は選挙後とエコノミストは評価》記事

 《本格的な社会保障改革は選挙後とエコノミストは評価》との記事が10月27日付エスタード紙にでた。25日に下院本会議でテメル告発第2弾を回避した直後、マーケット(国際金融資本)がその結果をどう評価したかを、著名エコノミスト3人に訊いた記事だ。それによれば、マーケットはテメル政権の投資イケイケ「青信号」の時期が終わり、「黄信号」になったと理解したようだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ