ホーム | コラム | 樹海 | 「右派の論客」さえもお手上げのボウソナロ人事

「右派の論客」さえもお手上げのボウソナロ人事

ボウソナロ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)

ボウソナロ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 その大統領当選でさえ、全世界に衝撃を与えたジャイール・ボウソナロ氏だが、現在進めている閣僚人事でも、マスコミや国民の予想を上回る、「毎日が衝撃」の人事を展開中だ▼現時点で軍人からの閣僚入りが6人。そのうちの3人が中核的存在の大統領府のメンバーだ。さらに、外相と教育相は、ボウソナロ氏が信奉する極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が推奨する人物で「マルクス主義者を放逐する」と語る鼻息荒い人物だ。政治家からの登用は少なく、たまにあったかと思えば、それはかつて「政党透明度ランキング」でワースト1になったことがある民主党(DEM)がほとんどで、それらの中では汚職疑惑で警察からの捜査を受けた人物がズラリと並ぶ

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ