ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月13日

 ロンドン五輪メダリストの上野順恵さん。ブラジル日本移民史料館を見学し、「ぼろぼろの柔道着に真っ先に目が行った。とても感動した」と話す。ミュンヘン五輪の銅メダリスト、石井千秋さん(71、栃木)の道場も2度訪問。石井さんは「あれだけの成績を収めた選手はそういない。たいした選手。人柄も良く気持ちのいい子」と賞賛、「私の所も3人娘が柔道家。自分と境遇と似ていると言って喜んでいた」とか。
    ◎
 「2010年アジア大会の決勝では、北朝鮮の選手に5、6発殴られた」とのエピソードを披露。しかし「絶対勝ってやる」と負傷しながらも勝ち進み、見事優勝。青く腫れ上がった目でメダルを手に笑う彼女の姿がスクリーンに映し出されたことも当時話題となったようだ。
     ◎
 亜国と伯国を訪問した若林健太大臣政務官だが、外務省の広報資料には「サンパウロでは日系人とのネットワーク構築の方策について日系団体代表者と意見交換を行う」とあった。が、歓迎会以外で個別に日系団体代表と会談する時間はもたれなかった。歓迎会で、文協の木多会長は「インテルカンビオを強化していきたいという話をした」と言い、県連の園田会長は「話をしなかった」、援協の菊地会長も「特に何か要請したわけではない」。これで具体的な「方策」に話を持っていけたら奇跡だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2017年2月1日 大耳小耳  JICAボリビア通信第9号を見ていたら、興味深いプロジェクトが進んでいるようだ。標高3600メートルにある首都ラパスから発信しているだけに、副題が「高いところから失礼します!!」とシャレている。同地のボリビア日系協会連合会(ANBJ)は加盟団体と協議を重ねて、「日本学園(仮称 […]