ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』504号が1月に発行された。塾連の書道教室指導者、若松如空さんがブラジル経済を軽妙な一文で解説している。その昔、日系証券会社を創立・経営していただけあって、慧眼鋭く情勢を見通す。中でも、相棒だった赤嶺尚由さんがルーラ政権誕生の2003年に言った言葉を思い出す部分がすごい。赤嶺さんは《若松さん、大変だよ。金を持ったことがない連中が政権を握って、いくらでも使えることを覚えたら、大変なことになる。汚職も蔓延だよ》と見抜いていたとか。ラバ・ジャット作戦の遥か以前から分かる人には分かっていた?! ちなみに同号には《ダンス教室ジルバ踊るジジとババ》(山田富子)のような元気な一句も。
     ◎
 日本では風邪を引かなかった耳子だが、伯国では半年に2回のペースでかかっている。おそらくブラジルの菌には耐性がないため、新しい菌に取りつかれる度に熱を出し、体が免疫を作っているようだ。当地では風邪でもマスクをせず、豪快なくしゃみで菌を飛ばしている人をよく見る。風邪でマスクをする習慣がないようだ。ぜひ日系医療企業に市場を開拓してもらい、伯国にマスクの日常使用、自宅で体重や血圧測定などの健康維持の習慣を根付かせて欲しいものだ。
     ◎
 日本に住むブラジル人の姿を追ったドキュメンタリー『O Outro Lado do Mundo ・軌跡 ~在日ブラジル人の25年~』(全11話、日本語字幕あり)がYoutubeで公開中。日本のポ語雑誌『アウテルナチーバ』を発行する日伯友愛社が制作した。第一話では『ブラジルを知るための55章』(明石書店)の著者アンジェロ・イシ氏も登場(youtu.be/31T3kkvrQyw)。在日ブラジル人を支援する日本人を取材する回もあり、日本に移住した人々の〃今〃を知ることができる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2017年12月6日 大耳小耳  山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族など聖市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れられそう […]
  • 大耳小耳2017年10月5日 大耳小耳  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)が、9日に、日系伯人が多く居住する滋賀県湖南市を訪問する。日系人妻を持ち、同市内日枝中学校で外国籍児童への教育に精力的に励んできた青木義道教諭の存在を知り、外国籍児童を多く抱える同市内の教育現場に、昨年 […]