ホーム | 日系社会ニュース | 〃ホームレス〃日系三世=クスキさん愛知大に合格=幾多の逆境乗り越え

〃ホームレス〃日系三世=クスキさん愛知大に合格=幾多の逆境乗り越え

ニッケイ新聞 2013年4月24日

 両親の離婚、海外移住、養父母との生活、そしてホームレスのシェルターへ—。あらゆる困難を乗り越え、日系三世のラファエル・ユキオ・クスキさん(20)は今年3月、念願の愛知大学入学を果たした。「ザ・ジャパン・タイムス」が報じた。
 クスキさんは現在、「のわみ相談所」(愛知県一宮市)が運営する、ホームレスや生活困窮者向けのシェルターに住んでいる。20代、60代の男性二人との相部屋で、学習机もないが、「いい環境。施設に入れて良かった」と語る。
 両親はクスキさんが生まれる前、ブラジルから同県豊橋市に移った。彼が小学校にあがる前に離婚し、母親は彼が中学校を卒業後、オーストラリア人と再婚した。
 3人でオーストラリアに住んだが、新しい家族に馴染めず、1年半後、兄夫婦を頼って一人で日本に「帰国」。無職で収入がない兄の下、愛知県立知多高等学校に通い勉学に励みながら、1杯のカップヌードルでその日の飢えをしのいだ。
 やがて兄との関係が悪化し、高校1年の夏、児童センターで紹介された養父母の下に移った。しかし、自宅での勉学を禁じ、働くことを強制する養父母との同居は楽なものではなかった。クスキさんはラーメン店とコンビニエンスストアでのアルバイトを掛け持ちし、深夜まで働いた。布団の下で見つからないよう勉強する時間だけ、「色々な問題から自由になれた」と話す。
 高校では優秀な成績を収めるも、同年2月に疲労から肺炎を患い、入院。夏に退院後は、児童福祉センターで紹介された一宮のシェルターに身を寄せた。
 同居人に迷惑をかけまいと、学校に通う電車の中で学業に励む日々。そんな彼の努力は、3月8日、愛知大の合格通知によって報われた。「何度も断念しそうになった」と長い道のりを振り返った。
 夢は教師になること。入学後はボランティアとして、シェルターに住む日系ブラジル人に勉強を教えたいという。
 「日本が、僕のような立場の日系人が夢を追うことが出来るような国であってほしい」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]