ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月25日

 どの国でも一長一短ある。その国に住む外国人にとっては悪い部分が見えやすく、滞在国の悪口をいうのはどの国の人でも同じ。異国で同胞意識を深め合う作業でもあるのだろう。良い部分に目を向けると、当国においては市民の素直な好意に高評価が集まる。「ブラジル人は金のかからないことには親切」という皮肉屋の言葉はさておき▼老人や妊婦、子連れへの地下鉄における対応には感服するばかり。レストランでも子供連れは従業員や他の客の慈愛に満ちた視線に包まれる。日本社会の不寛容さも手伝って若い母親が育児ノイローゼになる話を聞くと悲しくなるばかりだ。子供を身体障害者に置き換えても同じこと▼現在、開催中の「ひろしま菓子博」での対応が大きな話題を呼んでいる。実行委員会が電気車椅子での入場を禁止。理由は「暴走する可能があり危険」だとか。抗議を受けて平日のみ、後日、全日程で許可したが「混雑時は手動式に乗り換えること」が条件だ。今も全面受け入れを求める抗議文が届いているという。まるでジョークだ▼ブラジルでこんなことがあり得るだろうか。誰かが提案した段階で一笑に付されるだろう。うんざりすることも多いこの国だが、いいなあと心の底から思えることも多い。身体障害者が堂々と生き、それを普通のこととして受け入れる姿だ。それに気づくのもマイノリティに厳しい日本を知っているからだろう▼初の被爆地であり「国際平和都市」を掲げる広島には、国外からの観光客も多い。この判断が国際的に理解されると思っているのだろうか。広島市民も理解に苦しんでいると思いたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]